» 未分類のブログ記事

物納もできます

| 未分類 |

被相続人の遺産が土地や住宅などの不動産だけのために換金が難しく、また所有している現金も少なくて延納もできない場合は相続税を納付することができません。そのような時のためにあるのが、有価証券や不動産の現物でもって納付する物納制度です。

ただし、所得税を納められる現金があるのに物納をすることは認められません。現金を捻出し、そして将来の収入を延納に充当しても納めることのできない相続税が残る人だけに認められています。ビューティー15

なお、物納できる財産は日本国内にある財産であり、且つその時の相続で取得したものに限られます。そして、納められる物の順位が設定されており、第1順位・国債及び地方債、第2順位・不動産及び船舶、第3順位・社債及び株式、投資信託、第4順位・動産となっています。従って、取得した財産に第1順位の物がない時に初めて第2順位の物を納めることが認められます。

ところで、納める財産の国への収納価額は原則として、財産の相続時点での相続税評価額となります。また、相続税を物納しようとする場合には、相続税の申告期限までに申請書を税務署長に提出する必要があり、税務署と国税局の調査を受けなければなりません。

ちなみに、物納後1年以内に不動産などを売却して現金が調達できた場合は、金銭による即納または延納への変更ができることもあります。

延納に注意

| 未分類 |

相続税は、分割して払うこともできます。
それが、「延納」という制度です。
期限内に一括で払うことが困難な場合に行うことができます。
相続財産は、現金よりも不動産で残っていることが多いため、相続税を払おうにも手元に現金がないという事態に陥りがちです。
そういった場合の救済措置として、分割で払える制度が用意されているわけですが、延納が可能な期間は、原則5年以内です(ただし、相続財産に占める不動産の割合が多大な場合は、20年まで延長することができます)。
この制度を利用するには、以下に示す四つの条件を満たす必要があります。ビューティー13
一つ目は、「相続税の額が、10万円を超えていること」。
二つ目は、「期限内に現金で一括納付することが難しく、その金額を限度としていること」。
三つ目は、「税額に見合うだけの担保を提供できること」。
ただし、税額が50万円未満で、期間が3年以下の場合、担保は要りません。
四つ目は、「延納しようとする相続税を納める期限もしくは納付すべき日までに、延納申告書を税務署長に出していること」。
また、これらの条件を満たしたうえで、利子税がかかります。
利子税の利率は、相続財産の内容によって異なりますが、原則として年3.6~6.0%となっています。

納税手続きをしよう

| 未分類 |

相続で財産を受け取った場合、相続開始日から10ヶ月以内に税務署に申告書を提出し、税を納める必要があります。納付期限が土曜日や日曜日、祝日にあたる場合は、その翌日が申告期限となります。気をつけなければならないのが、申告期限内に申告をしたとしても、税金を期限までに納めなかった時に、延滞税がかかるという点です。
相続税の申告書の提出先は、住居無制限納税義務者の場合は住所地を管轄する税務署長宛で、制限納税義務者と非住居無制限納税義務者の場合では、被相続人が死亡した時の住所地を管轄する税務署、もしくは自身が定めた場所を管轄する税務署長宛が一般的とされています。その一方で、納付に関しては税務署に限らず、金融機関や郵便局の窓口でも行うことができます。ビューティー03
相続税の納付は、原則現金での一括納付とされていますが、相続した財産の多くが不動産で、手元に税金を納めるための現金がないというケースも少なくありません。このような事態に陥ってしまい、現金での一括納付が困難だという時は、延納や物納という方法も、一定の条件を満たしていれば認められます。
延納は、相続税を分割して納税するという方法です。この方法は一括で払わなくてよいメリットがある反面、利子税という金利が付くというデメリットを持っています。税率は、延納する期間によって異なります。また物納は、延納によっても納税が不可能な場合に初めて認められる制度です。
申告書を提出した後で相続に変更があり、相続税が、申告額より多くなる時は、そのまま放っておくと脱税したものとみなされるので、早めに修正申告の手続きをする必要があります。

 

財産の評価減の流れとは

| 未分類 |

相続や贈与を考えるのでしたら、適切な財産の算定が必要です。
しかし、これを怠ると財産な過剰に評価されてしまう事もあり、余計な税金を支払わなければならなくなるという事は十分にあり得ます。
そこで、今回は財産の評価減の流れについて確認をしていきましょう。

財産の評価減の流れというのは、まずは土地や建物などの評価することから始まります。
どの財産も基本的には時価評価されます。
取得した原価によって価値を計算するのではないという事はしっかりと理解しておきましょう。
特に土地は、その場所の利用状況によって価格が大きく変動します。
ですので、土地などの場合はそのまま財産の評価額を決定してしまうのではなく、適切な所に評価を依頼してもらう事が必要です。Šî–{ RGB

土地や建物の具体的な評価として、土地の場合は
評価額=路線価×道路に直面している状況や形状による加減×面積
で、決まるようになっています。
これに足し知恵建物の場合は
建物の評価額=固定資産税評価額
となります。

土地の場合は、逆に財産価格が上昇することがあります。
周辺地域に道路ができたり、人の往来が激しくなればその分だけ価値も上がるのです。
ですが、大抵の土地はそこまで価格も上がらず、むしろ下がることがほとんどでしょう。

生前贈与の手続きと流れ

| 未分類 |

平成27年から相続税が改正され、基礎控除額5千万円と、相続人一人当たりの控除額1千万円がそれぞれ6割の3千万円と600万円になります。
改正ではなく、単なる増税と考える人もいますが、従来、相続税の納税者は相続全体の5%といわれていました。限られた一握りの人だけを対象にする税金から、公平に広く負担を求めるように変わったという考え方もあります。
単なる増税か改正かはともかく、地価の高い都会に不動産を持っている人など、多くの人が相続税とは無縁でいられなくなります。
節税のアドバイスとして、不動産投資や生命保険などが紹介されることもありますが、なんといっても効果的なのは生前贈与です。
毎年110万円までの基礎控除があり、税率は累進税率なので、少しずつコツコツと生前贈与しながら相続財産を減らしていくことが相続税の節税につながります。–¼Ì–¢Ý’è-2

お金には色や名前が付いていないので、生前贈与をするときは、現金で渡すのではなく、預金振込などで金額と日付を明確にしておきましょう。わざと基礎控除を超える金額、例えば111万円を贈与して、基礎控除を引いた1万円に対する税金1千円を納税しておくことで、税務署に対しても、兄弟間など、利害関係が生じるかもしれない第三者に対しても事実を明確にしておくのも効果的です。

節税の方法

| 未分類 |

相続税は平成27年から基礎控除が縮減され、納税の対象となる人が増えると言われています。ちょっとした財産をもっていると相続税がかかるケースが増えてくるでしょう。財産はあるけれども相続税の納税資金がない、なんてことになったら大変です。それではどうしたら相続税がかからないようにできるのでしょうか?
相続税がかからないようにするのも大事ですが、残された人たちのことも考えておく必要があります。残された人たちのための生活資金もそうですが、財産をある程度お持ちの方は相続税の納税資金を確保しておく必要があります。そのためには生命保険に加入しておくことをおすすめします。生命保険金には一定の非課税枠があって、500万円×相続人の数の金額まで生命保険金に課税されません。生命保険に入っていない人は真っ先に加入の検討をおすすめします。pet06_l
それから節税方法として代表的なものが不動産を活用することです。特に自宅については、相続人が自宅に住むということになれば、土地の広さが240平米までなら、評価が2割となる制度があるのでおすすめです。また、現預金がある方は賃貸不動産に換えることで5~6割の評価に下げることが可能です。評価が下げられたおかげで節税ができて、さらに収入も得られるので、一石二鳥といったところでしょうか。難があるとすれば、さらに財産が増えてしまうということでしょう。

相続税は平成27年から基礎控除が下がります。現在5,000万円プラス1,000万円×相続人の数である基礎控除が、3,000万円プラス600万円×相続人の数と改正されます。例えば相続人が3人の場合は基礎控除が8,000万円から5,400万円となってしまうわけです。ちょっと財産があって、生命保険もそれなりに入っていた場合は相続税がかかる可能性が高くなります。そのためにも相続税がかかるかどうか見極めておいて、かからないようにする工夫も大事です。
相続税はなくなっていた方が持っていた財産にかかってくるわけですが、代表的なものに土地があります。ただし、自宅の土地にまで相続税を課税してしまうと、相続税の重い負担によって生活の拠点を失いかねません。そこで相続人が自宅に住み続けた場合は、240平米の広さまでなら土地の相続税の評価が2割となる制度があります。つまり自宅の土地が相続税評価が5,000万円だとすると課税されるのは1,000万円の部分だけということになるわけです。
生命保険にも相続税がかからない部分があります。相続人の数×500万円の金額まで、生命保険金に課税されません。仮に相続人が3人だとすると1,500万円まで相続税がかかりません。
相続税がかかるものとかからないものをしっかり把握して、無駄な相続税を払わないようにすること、相続に備えることが大事です。

計算方法

| 未分類 |

相続税は平成27年から基礎控除が縮減され、100人に4人程度が100人に6人程度になると言われています。現在5,000万円プラス1,000万円×相続人の数である基礎控除は3,000万円プラス600万円×相続人の数となり、都市部に不動産をお持ちの方で、ある程度現預金を持っている方は相続税がかかってくる可能性が高くなります。pet04_l
さて、その計算方法ですが、亡くなった方を被相続人と言いますが、被相続人の持っていた財産を評価しなければなりません。その評価額を相続税評価額といいますが、お金に換えられるものはすべて評価しなければなりません。土地、家、有価証券、貸付金、生命保険金、車、書画、骨董などを評価します。続いて債務の評価をします。借金、未払金など債務を評価するとともに葬式費用を集計します。財産、債務、葬式費用が出たら、誰がどの財産、債務などを相続するか決める必要があります。それが遺産分割協議です。そして財産から債務、葬式費用を差し引いた金額である純財産を計算します。その金額から相続人の数に応じた基礎控除を差し引いて、法定相続で相続したと仮定した相続分にもとづいて相続人各人の仮の税額を算出してから合算します。合算した金額を遺産分割協議の内容にもとづいて、相続する割合に応じて相続人各人に割り振ったものが最終的な相続税となるわけです。

財産額との関係

| 未分類 |

相続における相続税は、相続した財産に対してかかる税金ですが、その評価額は表面上の財産額と異なることがあります。
たとえば土地・建物の場合、建物は大方固定資産税を徴収されるときの評価額どおりですが、土地の場合は著しく異なることになります。
土地も固定資産税を徴収されるときの評価額でよさそうな感じもしますが、現実には路線価で計算することとなります。路線価は
毎年国税庁が発表するもので、土地の位置とか、幹線道路との接続具合いとかで異なります。ですから、同じ町でも、同じ金額というわけには行きません。
また、使い勝手の悪い土地でも、相続税の評価には路線価適用が絶対ですので、不動産取引の評価と著しく異なることもあります。
多くの場合、思っていたよりも高い評価になってしまうというようなことになります。pet03_l
しかし、救助の道もありますので、この点は、良く承知している必要があります。
まず、第一に、土地の形です。正方形や長方形の場合は、そのままで評価は変わりませんが、いびつな形状の場合は、正方形や長方形に比べて使い勝手が悪くなる理由で割引になります。崖などのところにある土地もそういう割引があります。土地を整備する必要があれば、そのおよその金額も割り引かれます。
その他にもセットバック費用などいろいろな割引対象があるので、こちらはよく研究しておく必要があります。
主に相続人が手続きしますが、被相続人もあらかじめ概要を承知しておくと遺産分割の参考になります。