財産の評価減の流れとは

| 未分類 |

相続や贈与を考えるのでしたら、適切な財産の算定が必要です。
しかし、これを怠ると財産な過剰に評価されてしまう事もあり、余計な税金を支払わなければならなくなるという事は十分にあり得ます。
そこで、今回は財産の評価減の流れについて確認をしていきましょう。

財産の評価減の流れというのは、まずは土地や建物などの評価することから始まります。
どの財産も基本的には時価評価されます。
取得した原価によって価値を計算するのではないという事はしっかりと理解しておきましょう。
特に土地は、その場所の利用状況によって価格が大きく変動します。
ですので、土地などの場合はそのまま財産の評価額を決定してしまうのではなく、適切な所に評価を依頼してもらう事が必要です。Šî–{ RGB

土地や建物の具体的な評価として、土地の場合は
評価額=路線価×道路に直面している状況や形状による加減×面積
で、決まるようになっています。
これに足し知恵建物の場合は
建物の評価額=固定資産税評価額
となります。

土地の場合は、逆に財産価格が上昇することがあります。
周辺地域に道路ができたり、人の往来が激しくなればその分だけ価値も上がるのです。
ですが、大抵の土地はそこまで価格も上がらず、むしろ下がることがほとんどでしょう。