生前贈与の手続きと流れ

| 未分類 |

平成27年から相続税が改正され、基礎控除額5千万円と、相続人一人当たりの控除額1千万円がそれぞれ6割の3千万円と600万円になります。
改正ではなく、単なる増税と考える人もいますが、従来、相続税の納税者は相続全体の5%といわれていました。限られた一握りの人だけを対象にする税金から、公平に広く負担を求めるように変わったという考え方もあります。
単なる増税か改正かはともかく、地価の高い都会に不動産を持っている人など、多くの人が相続税とは無縁でいられなくなります。
節税のアドバイスとして、不動産投資や生命保険などが紹介されることもありますが、なんといっても効果的なのは生前贈与です。
毎年110万円までの基礎控除があり、税率は累進税率なので、少しずつコツコツと生前贈与しながら相続財産を減らしていくことが相続税の節税につながります。–¼Ì–¢Ý’è-2

お金には色や名前が付いていないので、生前贈与をするときは、現金で渡すのではなく、預金振込などで金額と日付を明確にしておきましょう。わざと基礎控除を超える金額、例えば111万円を贈与して、基礎控除を引いた1万円に対する税金1千円を納税しておくことで、税務署に対しても、兄弟間など、利害関係が生じるかもしれない第三者に対しても事実を明確にしておくのも効果的です。