節税の方法

| 未分類 |

相続税は平成27年から基礎控除が縮減され、納税の対象となる人が増えると言われています。ちょっとした財産をもっていると相続税がかかるケースが増えてくるでしょう。財産はあるけれども相続税の納税資金がない、なんてことになったら大変です。それではどうしたら相続税がかからないようにできるのでしょうか?
相続税がかからないようにするのも大事ですが、残された人たちのことも考えておく必要があります。残された人たちのための生活資金もそうですが、財産をある程度お持ちの方は相続税の納税資金を確保しておく必要があります。そのためには生命保険に加入しておくことをおすすめします。生命保険金には一定の非課税枠があって、500万円×相続人の数の金額まで生命保険金に課税されません。生命保険に入っていない人は真っ先に加入の検討をおすすめします。pet06_l
それから節税方法として代表的なものが不動産を活用することです。特に自宅については、相続人が自宅に住むということになれば、土地の広さが240平米までなら、評価が2割となる制度があるのでおすすめです。また、現預金がある方は賃貸不動産に換えることで5~6割の評価に下げることが可能です。評価が下げられたおかげで節税ができて、さらに収入も得られるので、一石二鳥といったところでしょうか。難があるとすれば、さらに財産が増えてしまうということでしょう。